粉末造形を利用したサービスが評価されています

製造業の可能性が広がる技術があります

粉末造形という技術に注目が集まっています。粉末造形とは、パウダー状の微粒子材質を利用した造形技術です。高い温度のレーザーを出力してその粒子を造形し、積層を行う技術です。国内外の多くの製造業でこの技術が利用し始めています。パウダー状からスタートできますので、あらゆる製造物に応用することができます。サンプル品の作成なども手軽に行うことができますので、試し制作のコストが飛躍的にリーズナブルになりました。材料はナイロンであり、耐久性に非常に優れています。

あらゆる用途に利用できる技術です

粉末造形のメリットは沢山あります。まずあらゆる用途に利用できるということです。デザインの幅が広く、機能確認用試作モデルや、性能評価用の試作モデル、実装評価用の試作モデルなどにも用いることができます。工業用製品全般で利用できると認識して間違いないでしょう。このサービスは今後は製造業以外の分野にも広がっていく可能性があります。たとえば、建設業にも応用がききます。大きな加工設備ができ、パウダー状のものを加工して戸建住宅の部品や集合住宅の一カ所などの加工も十分可能になっています。耐久性に優れていることから、住宅建築には大変相応しい技術と言えるでしょう。

まず内容を理解しておくことをお勧めします

粉末造形は新技術ですので、まだ国内の機械メーカー、金属加工メーカーの一部にしか利用されていません。今後は世界中に普及していく技術ですが、その技術をいち早く認めて、ビジネスに応用された企業がその恩恵を受けていくことは間違いないでしょう。そのため、国内外のメーカーの担当者のかたは、まずはこの新技術の内容を早く知ることをお勧めいたします。製造関連のセミナー、展示会などでも取り上げられることが増えてきましたので、積極的に勉強会などに参加していくことをお勧めします。ご不明なことや気になることがありましたら、すでにこの新技術を利用してサービスを提供している企業のかたにお問い合わせをされることをお勧めいたします。新しいサービスに関して、全く縁のないメーカーごとで情報を共有することは難しいかもしれませんが、提携企業や、取引先を通じた親密な企業同士であれば、お互いの技術向上のため、情報を提供しあうこともできます。積極的にこのコミュニケーションを利用して、自社技術をレベルアップされることをお勧めいたします。