粉末造形の方法及び用途と得られるメリット

粉末造形のメゾットに関する基本知識

粉末造形とは、パウダー状の微粒子素材を高い温度に加熱して、高出力レーザーを利用して焼結して、積層を行なって形を作製する方法です。原材料の主な成分はナイロンででき上がっており、強度に優れて、様々な会社の生産品の試験モデル、あるいは組み付け確認時に活用される部品を作る為に利用されます。主として、こうしたメソッドで作り出される製品は頑強な材料で制作されていることもあり、耐久性に優れていることから、形状確認並びに営業に適したサンプル、さらに加工用マスターや、評価実験用などに活用されています。航空、あるいは車などの精妙なもののサンプルという形でも活用されるだけでなく、量産部品にも使われています。

この方法による具体的な事例の特徴

具体的に言いますと、形状の確認向けの試作モデルであったり、営業向けのプレゼンテーションのためのモデル、そして3Dデータチェックモデルといったデザインを確かめる用途、機能確認並びに性能確認それから、実装確認用に強さをチェックしたり、パーツを取り入れた際のマッチ感をチェックしたりする用途として使われます。工業生産品の開発に於きましては、強度が非常に重要なキーポイントになります。こうした技術を利用することによって作り出される製品は非常に頑強な耐久度を持っていることから、普通であれば折れ易い用途で活用されるパーツであっても、粉末造形によって非常に強く折れずに試作できます。

制作方法及び得られる主なメリット

粉末造形においては、まず第一に、コンピューターを活用することによって作り上げた3Dデータを薄くスライスしたデータ数値にして、これを元データという形でパウダー状の微粒子素材をレーザーを活用することによって焼結して、重ねるように積層させ作ります。こうした技術を使用した場合、非常に細々とした造形を作る事も可能で、非常にデザイン性のハイレベルな生産品の試作品も構築する事が可能です。これまでのメソッドでは形状のチェックしかできなかったわけですが、マスターモデル、あるいは機能モデルの形での試作も可能なようになったというのが非常に大きな進歩でありまして、こうした技術が望ましい部分でと言われています。それに加えて、この技術で活用される素材に関しましては主として樹脂系素材と呼称されるナイロンを活用するのですが、特徴は耐熱性がとても高く、耐久性に秀でています。さらに、高靱性並びに耐薬品性なども持ち合わせているので、多種多様な使途に利用される製品をテスト製作する事ができます。